amazonギフト券買取

2人暮らしで食費月2万円に抑えて節約

 

私は新潟県在住の30代の女性で、現在専業主婦をしています。

 

これは私が2人で食費を月2万円に抑えて節約した時の話です。

 

私が節約しようと思ったきっかけは、ホットクックを買う資金にあてたかったからです。

 

私が調べた時のホットクックの値段は1番安いタイプのもので4万円ちょっとでした。

 

今までの食費が2人で月4万円だったので、2か月間食費を4万円から2万円に減らせばすぐ貯まるなと思い、節約することにしました。

 

私はそれまで何度も節約をしようと試みてきましたが、仕事で疲れるとつい外食をしてしまったり、家計簿をつけるのがめんどくさくなったりと節約を成功させることができませんでした。

 

そんな時にネットで見つけた2人で食費を1週間5000円に節約するという方法を見つけました。

 

1週間5000円として食費を考えるという節約方法を知って、なぜ私が今まで節約に失敗してきたのかが分かりました。

 

私は今まで2人で食費を2万円にする!と意気込んで予算をざっくりとしか考えていなかったからです。

 

ポイントは週単位で食費を計算すること

食費を月単位で考えてしまうと、どうしても予算を超えてしまいます。

 

ですが、1週間5000円と、週単位で食費を考えると買い物をする時に今日はいくら使っていいのか?ということが分かりやすくなりました。

 

私が食費を1週間5000円で考えるという節約法を選んだのは、ズボラな私でも食費が管理しやすいと思ったからです。

 

今までの方法は買い物をして、すぐその日のうちに家計簿アプリに使った分を入力するというものでした。

 

しかしその方法だと使うごとにアプリに入力しなければいけないのでめんどくさくなってしまい、結果いくら使っているのかが分からなくなっていました。

 

1週間の食費を5000円で考える方法に変えた所、自然と買い物の回数が減り、少しくらい家計簿をつけていなくても頭の中であとどのくらい予算が残っているのかが分かりやすくなりました。

 

仕事をしているとどうしても疲れてご飯が作れないなという時は、おづまりこさんの「おひとりさまのあったか1ヵ月食費2万円生活」という本を読んで、簡単に作れるレシピを真似してみたりやる気を高めたりしていました。

 

節約を楽しんでやっている人の本やサイトを見ることでモチベーションアップをしていました。

 

私はとにかくホットクック代を貯めたかったので節約していた期間は2ヶ月間と短かったのですが、無事目標金額の4万円を貯めることができ、ホットクックを購入しました。

 

私が食費を1週間5000円で考えるという節約術で感じたのは、「節約はいかに楽に楽しくできるかで成功するかしないかが決まる」ということです。

 

失敗してきた節約術はどれも毎日、毎日食費のことを考えて頭が疲れてしまっていました。

 

1週間単位で予算が決まっていると細かく考えなくて良かったので、頭が疲れることもありませんでした。

 

今は家族が1人増えましたが、この節約術をベースに買い物をしています。

 

私のようにズボラな人にはおすすめしたい節約術なので、ぜひ試しにやってみてほしいと思います。

 

トップページへ

page top